• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズに関する法律について

フランチャイズシステムは、あくまでも加盟者は独立した事業者です。
日本のフランチャイズに関する法律については、公正取引委員会のフランチャイズ・ガイドライン(独占禁止法)や中小小売商業振興法によって規制されていますが、まだまだ実効的に規律する包括的法規制はありません。
小規模事業者の加盟者が事業を強化できるように、ぎまん的な誘引や本部という優越的地位を濫用し、商品や材料の調達先などを不利益が発生するほどに制限したり、商品の仕入れを強制する行為などは独占禁止法に抵触することが示されていますが、加盟希望者の保護がいまだ十分とはいえないのです。
こちらでは、独占禁止法を始め、中小小売商業振興法、労働法、本部にノウハウがないとどうなってしまうのか、トラブル事例などフランチャイズに関する法律について解説しています。

フランチャイズシステムは企業の本店と支店の外観を呈していますが、あくまでも加盟者は独立した事業者なので、本部と加盟店の間には独占禁止法が適用され、加盟者の事業が保護されています。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ加盟者は個々の事業者であって本部の労働者ではありません。実際には労働者と同じ環境下で加盟者に無償労働をさせるフランチャイズシステムは労働法を脱法した搾取の仕組みです。

・・・つづきはこちら

詐欺的なフランチャイズ本部の特徴は、契約締結までは熱心なのに開店してしまえば指導や訪問もないこと。店舗数増大や加盟店から利益を搾取することしか考えていないような本部だといえます。

・・・つづきはこちら

中小小売商業の近代化と振興を図るのが中小小売商業振興法です。この中でフランチャイズ的事業のことを特定連鎖化事業と呼び、契約締結にあたって法定の開示書面の交付を義務付けています。

・・・つづきはこちら

フランチャイズシステムに加盟する時に一番気になることといえばロイヤリティについてでしょう。相場からかけ離れているかどうか確認すべきですし、規定にも目を通してください。

・・・つづきはこちら

フランチャイズシステムと独占禁止法や中小小売商業振興法は大きく関連性がありますが、これらの法律は包括的にFC制を禁止するものではありません。より良いFCシステムを見つけたいです。

・・・つづきはこちら

フランチャイズシステムを運営している本部の中には加盟店舗に対してしっかりと指導やノウハウの提供をするところもあります。中にはノウハウをあまり持っていないところもあるので注意です。

・・・つづきはこちら

フランチャイズシステムに加盟している店舗の中には、優越的地位の濫用で苦しんでいるケースもあります。ですから、加盟店のことを考えたシステムを構築しているところを選択すべきです。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ事業加盟契約時の法定開示書面の確認は、後のトラブルを防ぐためにも重要です。契約内容や本部の経営状況など全方位にわたって事前にチェックし、健全な経営を実現しましょう。

・・・つづきはこちら

テリトリー権は本部が加盟店の営業権を保障することですが、同地域には他の系列店も出店できなくなります。そこで、加盟側と本部側で利害が一致する場合のみ、テリトリー権が設定されます。

・・・つづきはこちら

独禁法とは独占禁止法の略で、フランチャイズ事業は本部からある程度の拘束を受けるため独占禁止法に抵触する恐れがあります。そこで制定されたのが独禁法ガイドラインです。

・・・つづきはこちら

2016年、商売に関係する3つの法律が改正されました。特許法、景品表示法、マイナンバー法です。これらはフランチャイズの本部と加盟店のありかたにも大きく関係します。

・・・つづきはこちら

独立起業のリスクを減らすフランチャイズチェーン経営は、契約に際して説明義務および報告義務があります。仕入先や経営指導内容、決済方法や条件、本部への報告、そして予想売上げなどです。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ経営では、トラブルに巻き込まれないために契約内容の確認が重要です。契約終了時のトラブルは違約金が発生します。契約満了での解約も一定の期限内に申し出ることが条件です。

・・・つづきはこちら

フランチャイズを成功させるポイントは良いフランチャイズ本部を見つけることかもしれません。トラブルが起こってしまっては困るので、優良なところを探すようにしてください。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ契約によって良い思いをするケースもあれば逆もあります。契約をする際には特約条項にも目を通しましょう。加盟金不返還特約の有無にも目を向けてください。

・・・つづきはこちら

フランチャイズのトラブルが起きてしまった時には、業界に詳しく経験もある弁護士に相談しましょう。一人で泣き寝入りするのではなく、専門家に話すことで解決へ進めることができます。

・・・つづきはこちら

経営の知識や経験がなくても開業できるフランチャイズ店は加盟する前に契約内容を弁護士と相談しておきましょう。知識のある第三者の目で確認してもらうことでより公正な判断ができるからです。

・・・つづきはこちら

フランチャイズは同一ブランドを使って全国に事業展開する事業形態の一つです。フランチャイズに加盟して店主になりたい方は、FC法の規制が今後どうなるかにも注目してください。

・・・つづきはこちら

フランチャイズにおける紛争には秘密保持の規約違反や更新トラブルなどが代表的です。ただ、トータルで考えるとフランチャイズにはさまざまなメリットを得られる魅力があります。

・・・つづきはこちら

オープンアカウント制度では本部も加盟店も、どちらも独立した事業者であることに変わりありません。そのため、加盟店としてはいくつかの点で不利を被っていることになります。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ契約では、商標などを貸し出す分、加盟店は自由に経営をしていくことができるため、手っ取り早い経営手法です。そのため、説明義務・報告義務というものが存在します。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ本部が加盟者側に伝えた情報は、必ずしも正しいとは限りません。例えばきちんと情報分析などを行わないで売上予測をした場合は、本部に対して損害賠償請求の対象になるでしょう。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ加盟者が本部と交わす契約には、競業避止義務条項が設定されているかもしれません。内容によっては非常に厄介で、脱退後も揉める原因になりかねませんから確認しておきましょう。

・・・つづきはこちら

フランチャイズチェーン保持を目的にするというのは本部の使命ではありますが、あまりにも行き過ぎた契約条項があると大変です。ですからしっかりと契約条項をチェックしておくべきです。

・・・つづきはこちら

契約上経営指導すべきとなっているにもかかわらず経営指導しない際には、フランチャイジーはロイヤリティの支払い拒否などで対抗できることもあります。法的責任が発生することもあります。

・・・つづきはこちら

フランチャイズに加盟するとメリットもありますが、競業避止義務というデメリットがあるケースもあります。法的に認められている制度ですが、場合によっては独立が制限されないこともあります。

・・・つづきはこちら

フランチャイズ契約書のチェックポイントをあらかじめ知っておくと、いざ契約するという際に自分を守ることができます。第三者の意見を聞くべきこともありますし、慎重に判断してください。

・・・つづきはこちら

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED