• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

昼食難民を救う移動販売とは

昼食難民を救うのは移動販売

昼食難民という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
昼食難民とは、仕事の休憩時間中に昼食をとれないビジネスパーソンのことです。
ビジネス街はオフィスやビルばかりで、働いている人数と比較して飲食店の数が少ない場合や、外国人観光客が増えたために限られた時間の中で外食することが難しいことがあるでしょう。
昼食をとれたとしても観光地や飲食店の少ない場所は、並んでいるだけで疲れてしまいます。
自宅からお弁当を持ってくる人もいますが、共働きや女性でも働いている人が多く、お弁当をつくる時間がないという人も少なくありません。
昼食難民を救うのは移動販売です。
実際に、オフィス街で移動販売車を見かけたことがある人もいるでしょう。
移動販売は、オフィス街の余ったスペースで販売することができます。
さらに、毎日違う味を低価格で楽しむことができ、需要が増えてきているのです。

移動販売にも工夫が必要

東京の大手町のようなオフィス街は、ビジネスパーソンの数に比べて飲食店が少なく、お昼休憩になると満足に昼食をとれない難民が多いです。
その昼食難民の救世主となったのは、移動販売が集まったネオ屋台村でした。
平日の昼間に7台の移動販売車が集まり、1食500円~700円程度の料理を提供しています。
手軽に購入ができ、安くて美味しい移動販売車は、オフィス街に欠かせない存在です。
現在では、大手町のほかに東京国際フォーラムや日比谷パティオなど、都圏16カ所で展開しています。
毎年、移動販売の売り上げは伸びているそうです。
毎日同じものを食べていると飽きてしまいますが、曜日ごとに移動販売の形態を入れ替えて毎日異なる料理を提供することで、客足が衰えることはありません。
エリアによって出店者やスケジュールを振り分けている場合があるため、移動販売での営業を検討している人は、確認が必要です。
移動販売を行う場合は、昼食難民が多い場所に限定し、近隣の飲食店や同業者とメニューがかぶらないように考慮しなければなりません。
昼食難民を救うために、オフィス街で移動販売してみてはいかがでしょうか。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED