• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売時の実用的な電源確保の方法とは

移動販売時の電源確保の方法とは

移動販売時の電源確保の方法とは

移動販売で電源を確保する方法は、大きく分けるとバッテリーで蓄電する、現地調達、そして発電機の使用となります。
上記のなかで主に選択する方法は、現地調達です。
電池のコンセントから電気を借りることがほとんどで、出店料に電気代が含まれていることもあります。
電気代は高くても2000円程度で、経済的な負担とはなりません。
すべての出店場所で電源が使えるわけではないため、万が一を考えて発電機を購入して電源確保するのが基本です。
しかし、電源確保のために発電機を購入した場合には、持ち運びが大変ですし、移動中の音に関しても注意が必要です。
また、本体が大きいため、スペースを確保する必要もあります。
一方で、移動場所を選ばずに発電ができるため、万が一のときも安心です。
さらには、走行中も冷蔵庫を稼働させることができることもメリットの一つであります。
ただし、かき氷機は発電機の使用が禁止されているので、注意が必要です。

どの発電機を購入すれば良いのか?

どの発電機を購入すれば良いのか?

発電機を購入する場合は、どの場所で出店するのかを考慮することが大切です。
電源の確保は、アクシデントや立地、バッテリーの持続時間、用途によって違います。
電源の確保が難しい場合を想定し、急なアクシデントにも対応できるよう、
機能や性能の問題は事前に確認しておきましょう。
確実に電源確保ができる場所であれば、高価な発電機を購入する必要はありません。
各々の環境や状況に合わせて購入するのが望ましいです。
また、効率よく使わなければ、大きな損失となってしまうこともあります。
どの発電機を購入するかは、まず専門業者に相談するのがおすすめです。
各々の環境や状況を考慮したうえで、適切な商品を紹介してもらいましょう。
特にあまりスペースが確保できない場合には、荷物でいっぱいになってしまうため、注意が必要です。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED