• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売車の開業にかかった経費を知っておこう

移動販売でもっともかかる経費は車両制作費

移動販売でもっともかかる経費は車両制作費

移動販売を開業するまでにはさまざまな経費がかかるものの、最も金額が高いのは車両制作費です。
扱う商材によって適切な車は異なり、かかる費用も変わります。
一般的には100万円前後の費用が必要です。
キッチン造作費用も大きく、100万円前後の費用がかかるのが一般的になります 。
基本のベースボディーや、換気扇の取り付け、車両ステッカーの制作や貼り付けなどの費用がかかります。
キッチン造作費用は、何を取り付けるかによって大きくかかる費用が変わるのが特徴です。
何を付けるべきか専門業者と相談したうえで決めるのが望ましいといえます。
作業台や冷蔵庫の費用は、20万円前後であり、オリジナルデザインにするかどうかでも変わります。
ほかには調理用具や備品費用、広告宣伝費や商品試作費もかかり、トータルで200万円~300万円が目安です。
こだわりを重視した場合は、400万円~500万円にもなる可能性もあります。

経費を抑えるためのコツとは

経費を抑えるためのコツとは

移動販売を開業するにあたっての経費は、大きな障害になりかねません。
少しでも経費を抑えるためには中古車両を探すことも、ひとつの方法です。
新車を選択したいと思う人も多いですが、新車を選択する必要はまったくありません。
初期費用を抑えられるかどうかは車両本体価格次第といっても過言ではないです。
しかし、当然ながらニーズに沿った選択ができるかどうかが肝心です。
そのため、まずは専門業者に相談してみましょう。
多くの人が移動販売を開業するにあたっての車両選びで、後悔しています。
かけるべき費用をかけるのはもちろん、かけずに済む費用も存在しているためです。
車両選択ひとつで数十万円もの経費をかけずに済むかもしれません。
移動販売を開業するにあたっての経費を抑えるのは、仮に売り上げが思うように伸びない場合の保険にもなります。
すべて取り付けるのではなく、必要なものを取り付けるために、専門業者に相談するのがおすすめです。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED